ビルの換気ダクトと湿気の関係

ビルの換気ダクトと湿気の関係 ビルの換気ダクトが設置されている場所は、屋外と屋内に分ける事が出来ます。
換気ダクトの劣化は屋内に設置されている物には関係がないと思われがちですが、そのような事はありません。
換気ダクトは外からの空気を屋内に取り込むという役割があります。
この時、湿気が高い状態が続いたり、雨水やほこりなどがダクト内に入り込むとそれが腐食につながる可能性があります。
このような事を防ぐためには、屋内に設置されているダクトであっても定期的に点検を行うということが重要です。
最近は40度近い日も多くなってきています。
気温が高くなると、湿気も強くなりこれまでは進行速度がそれほど早くはなかった状態でも腐食や錆が一気に進んでしまう可能性が考えられます。
カビが生えたり、異臭がした場合、最悪の場合には穴が開いてしまい水漏れの原因になってしまうこともあります。
屋内に設置されているからと油断をせずに日々の点検を怠らないようにすることをおすすめします。

換気ダクトを取り付けてビル内の結露を防ぐ

換気ダクトを取り付けてビル内の結露を防ぐ ビルのような閉鎖的な建物の中では、外部との気温差から結露が発生することがよくあります。
これによって壁に水滴が生じると、濡れてシミがつくだけでなくカビの原因となりかねません。
建物の価値が下がるのを防ぐためにも、早めに対策を行うようにしましょう。

ビルの結露対策として最も効果的なのが、換気ダクトを使う方法です。
建物内の空気を外に排気する効果を持つこの装置は、こもってしまった湿気を外に追いやりバランスの良い湿度に保ってくれます。
空調設備を導入するのとは違い、一個あたりの価格が安いことからコスト的にも優れています。
シンプルな作りであることからメンテナンスも不要で、導入しやすい装置と言えるでしょう。

と言っても何も考えずに設置してもあまり効果は出ません。
コツとしては空気が滞留しやすい場所に換気ダクトを設置することです。
人の出入りが少ない場所や、ドアの開け閉めが少ないところなどがそれにあたります。
南側よりも北側に設置した方がより効果的です。
なぜなら南側は太陽の光が当たることで室温が上がりやすく、湿度もそれほど上がることはありません。
一方で北側は日陰となっていることが多く、内側と外側で気温差が生じやすいと言う特徴があります。
そうした場所に設置しておくと、室内の湿度を程よく調整できます。

新着情報

◎2019/7/11

換気ダクト配管の注意
の情報を更新しました。

◎2019/5/17

換気ダクトの断熱工事
の情報を更新しました。

◎2019/1/8

ビルの換気ダクトと湿気の関係
の情報を更新しました。

◎2018/11/2

ビルの換気ダクトの部品交換
の情報を更新しました。

◎2018/10/10

サイト公開しました

「結露 防ぐ」
に関連するツイート
Twitter